「日本にとってなぜ令和哲学カフェが必要か」令和哲学カフェに寄せて

みなさんこんにちは。さわゆうです。

今日は、令和哲学カフェの企画に大ブログ大会というのがありまして、そのテーマにそった内容をまとめてみたいと思います。


「日本にとってなぜ令和哲学カフェが必要か」

■日本人が毎日哲学する時間をもつ意味

令和哲学カフェは平日21:00-22:30まで毎日やっている。
この時間は仕事を終えて、寝る前のプライベートな時間帯。人によってはドラマや映画を観たり、趣味に没頭する人もいるかもしれないゴールデンタイムだ。この時間に”令和哲学カフェ”に参加することは、あるところ日本人のライフスタイルに革命を起こすチャンスでもある。
令和哲学カフェというだけに、日本人が令和に思いを寄せ、自ら主体的に考え、哲学をし、自らの哲学で自らを超えることができる。そんな時間になるはずだ。
 2020年3月以降、COVID19による緊急事態宣言も手伝って、一人一人がより一層に生き方やライフスタイルに問題意識を投じるようになった。現象的にはウィルスへの対策と経済打撃に対する対策がメインのように見えるかもしれないが、その画面を生み出す日本人一人ひとりの在り方にメスが入っている状態だ。

■日本人のアイデンティティの回復と尊厳への経路

日本人は戦後、アメリカのGHQ戦略によって、”申し訳ございません精神”と過去については語らず、押し黙り、忍耐、我慢をして経済復興に努めてきた。戦前戦中を駆け抜けた日本人を第一世代とするならば、高度成長期に誕生した第二世代は”お金”第一主義、アメリカを優位に立たせる無意識から日本人としてのアイデンティティが徐々に希薄になっていった世代。そして第二第によって誕生した第三世代は、もはやアイデンティティの確立が難しく、”生きることが苦しい”、”何をどのように考えたら良いかわからない”、”夢や希望は特にない”というような状態。

戦後75年、少しずつ少しずつ日本人は日本人としての確固たるアイデンティティを確立できない状態で、もはや骨抜き状態になってしまった背景がある。

このことを意識化させ、無意識化に留まっていた悔しさや、涙、自信を喪失してしまった傷だらけの日本を抱きしめて、今一度、自信をもって主義主張できる、本来の侍らしいシャープさと心の繊細さ、柔軟さ、賢さを露わにし日本がリベンジする、もはや日本復興プロジェクトのようなカフェが令和哲学カフェだと私は認識している。

なぜ、それを思うのか、それは令和哲学カフェで取り上げられているスタイルの中にある。

■令和哲学カフェ進行スタイル

令和哲学カフェは、創案者、令和哲学者ノ ジェス氏によって、はじめに令和哲学カフェの理念と4年間続ける大前提の下で、参加者が主体的に継続的に学びを深め、参画できるような特典とコミュニティづくりへの啓発がある。そして、毎回テーマに沿った令和哲学のレクチャーと出演者と参加者の共同によるコミュニケーションワークによって、スタジオ内、ZOOM内でYOUTUBE内で次元異なるディスカッションや質疑が繰り返される。このことから、多角的に情報が整理され、一人ひとりの考え、感情、エネルギー、アイデンティティが明白になっていくプロセスがあると観ている。第23回現在は以下のスタイルのうち①WHT導入スタイル(Widening Heart Technology)と④質問道場導入スタイルが取り入れられているが、いずれも日本人にとっては非常に意義深いコミュニケーションワークだと自らも出演して思うところだ。

①WHT導入スタイル
②5エレメント導入スタイル
③白熱論争導入スタイル
④質問道場導入スタイル
⑤100%成功人生具現のためのブレイクスルー白熱コンサル導入スタイル

                  『令和哲学カフェより』

■WHT(Widening Heart Technology)


”WHT”進行スタイルは5人-6人のメンバーであるテーマに沿ってディスカッションをする中で、それぞれに主義主張し、それらを傾聴し、質問、共感、整理整頓することによってグループで総合的なコミュニケーション力をアップする集団訓練コミュニケーションワークだ。

私自身もこのWHTに第6回目から15回目まで出演者として参加する中で、このコミュニケーションワークの凄さと素晴らしさに感嘆した一人である。

このWHTのファシリテートをするのは令和哲学者ノ氏であるが、彼のファシリテートによって、
日本人の主義主張の弱さや、曖昧さ、合わせる文化、根底にある自信のなさなどが、第一段階で非常に鮮明になる。自己否定感の強い日本人にとって、この現象は非常にショックなことでもあるが、それに対して令和哲学者ノ氏は”日本人は本当はシャープ”であることと、主義主張できなくなった背景の整理などをレクチャーに取り入れる。とかく、現代日本人は、”自分のせい”と自虐的になるか、意識無意識総動員してジャッジの細かさ故に、コミュニケーションに対する抵抗値が強い傾向にある。このようになる背景を全体で共有することによって、主義主張できない理由は、個人に依るものではなく、日本の歴史的背景と、人類史の機能的な限界にあることを理解する。これによって少しずつ視界が開いていくプロセスが生まれる。

このプロセスを出演者、参加者ともに共有できることは非常に大きな転換のきっかけになる。
出演者のうまくいかないそれを見て、参加者も決して他人事ではないことにハッとし、また自らを振り返る。この、共に変化を創る場であるスタイルが、日本人の気質には非常によく、リピーターが増える理由だと感じる。個人主義の限界を超えて、共同体主義にアプローチするう起爆剤であるとも思う。


■日本のミッションー真善美聖和


令和哲学カフェの第1期(6か月)のテーマは”美学”

①美学とは?
②哲学とは?
③尊厳とは?
④観点とは?
⑤思考とは?
⑥感情とは?
⑦言語とは?

①-⑦のテーマ一つひとつは深い。
日本人が自ら考え、考えを超えて、日本人ならでの”和心”を露わにするためには
西洋物理学の限界を超えて、経験知識に依らない、今ここの”心の動き”を鮮明に表現できる必要がある。令和哲学カフェでは、日本であり東洋のモノの見方の限界を整理し、西洋物理学、西洋哲学の理解を深め、真善美に聖和を加えて、日本から出発する令和の美学を表現することにチャレンジする。

私は、5月21日からの始まった令和哲学カフェが、ただのオンラインコミュニティに留まらず、
世界を牽引するAI時代を凌駕する全く新しい精神領域を開発開拓するプラットフォームとなることを確信し、この動きが歴史にしっかりと刻まれるように自らを立たせていきたいと感じている。

最後に、令和哲学カフェを創案した令和哲学者ノ ジェス氏と運営スタッフの日本のみなさんに感謝して、この動きがたくさんの方々に伝わるように働きかけていきたいと思う。

ありがとうございました。

令和哲学カフェに参加して -考えの美しさシリーズ②-

こんばんは。さわゆうです。

今日の令和哲学カフェは昨日に引き続き”考えの美しさ”シリーズ②でした。

考えの素材は何ですかという問いから、元素の話が出ましたね。
元素が水素から始まってヘリウム、リチウムといくように、
考えにも第一号があると。どんな考えから出発すれば知恵ある考えの第一号と言えるか
考えてみましょうということでした。

Zoomのブレイクアウトセッションでもいろんなやりとりをしました。
まずは3人がどんな考えの第一号をご披露したかとういうと、

Sさんー私はどこから来たのか
Mさんーこの宇宙自然とは何か
Oさんー私は何者か

でした。

その中でシェアしたことで、興味深かったことは
私はどこからきたのかーこの宇宙自然とは何かー私は何者か
という3者の考えの第一号は、関連しあっているということでした。

言葉は違うように聞こえるかもしれませんが、
Sさんと、Oさんは同じことを言っているようです。
どんな”私”が宇宙自然を観るかによってその様相は変わってきそうだと感じました。

そして何より、

”私”

を問うときに、

決めつけたい心と
決めつけられたくない心が同時に働きますね。

”決めつけてーー”
”でもいやーーー”

占いで”あなたはこういう性質をもっています”
と決めつけられて「そうそう!あたってる!」と喜ぶ心と、
「いや、そんなことないんじゃない?」と思う心があるのと同じ。

宇宙の中、瓶の中に自分を存在させた状態なら、
必ず”騙すー騙される”関係性の因果にはまるようになりますね。

そして、そこに留まりたくない意志が働く。
それで次に、出てくる”私”は

決めつけることのできない、認識できない、イメージできない”何か”

となる。

定義できないものを定義する無定義の定義。
ということでしょうか。

このポジションを”私”とするときに
因果を美しく、オーケストラの指揮者のように
波動振動を使いこなし美学を実践するカントのいう実践理性となるかなと。

考えを生み出す主体と認識形式(観点)が出会って
この宇宙自然を美しく創っていくクリエイトな世界ですね。

そんな話で盛り上がっていました。

こんな風にディスカッションで盛り上がったあとだと
不思議と出演者のみなさんが何を言わんとしているのか
ノさんが何を意図して出演者に振っているのかが
少しずつですが観えてきますね。

最後のほうは、お互いの論理展開に
突っ込みあうシチュエーションも起こり
場が一気にカオスになりましたね。
その場面をノさんが”形式だけの反論”と一言で整理することもあり
今日もなかなか味わい深かったです。

はじめの2日間はあえてカオスになる
というのもこのWHTのポイントなのだなと思います。

1をたゆまずに使うノさんの指揮のもとなので
安心してカオスになってと言わんばかりの雰囲気を感じました。

また明日もどのように展じていくか楽しみです。
ありがとうございました。

おやすみなさい。




――次回開催日――

6月26日(金)21時~22時30分

「意識をアップデートする」

https://reiwaphilosophy.com/

#令和哲学カフェ

『運命の人に出会うにはどうしたら良いですか?』音楽✖️哲学

おはようございます。
昨日はLUNCH QUESTIONに参加して
ある高校生の女の子の質問に心が一点集中しました。

その質問は

『運命の人に出会うにはどうしたら良いですか?』

質問に対してノさんから、
こんなコメントが返ってきました。

非常に味わい深いコメントでした。

'''''''''''''''''
出会って声かける自信はあるの?

ーないです。ー

運命の人と出会ったときに
声をかけられるか できないかは重要
幸運の神様は前髪しかないよ
今高校生だから
形が可能にさせる

深い心があるの
心のセンス
心のセンスをもっていれば
すごい深くあるの
心の香りが大事

だから

あなたが心のセンスを開発できている状態で
運命の人と出会っちゃったら
声をかけることができるよ
そのためには心のセンスを磨かないとね

心がみえるのか

隣の人をみて
先生をみて

心がみえるのか
心を受け取りたい

あなたがそこに座っていて
前の人、隣の人の心が認識できるかだよ

心の秘密をマスターしたら
運命の人と出会えるし
運命の人と出会って掴むことができるよ

心のセンスが拓いたら
心の時代はものすごい明るい時代になるからね


by ノジェスさん

令和哲学カフェに参加して-考えの美しさ シリーズ①-

こんばんは。さわゆうです。
今日も令和哲学カフェに参加しました。

今日からシリーズが変わりテーマが”考えの美しさ”になりました。
WHTの出演者も新しくなり、緊張感がありました。

始めに投げかけられた問いからかなり難しく

//考えの素材とは何ですか?その仕組みは?何のために考えはありますか?今までのシリーズのことも取り入れて語ってみてください//

というようなものでした。

とっさに答えるには非常に難しい内容です。
主義主張を通すことも、並大抵のことではないですね。

今回の出演者とはご縁があり、一人一人の感性はピカイチだし、シャープと思う私がいますが、WHTのコミュニケーションの次元になると全く難しくなる。

あえて難しい条件を整えてカオスをつくっているようにも感じました。


そして、仲間ががんばっているのだからと
私もグルグルしながら考えてみました。

はじめ、”考えの材料は何か?”
と問われたときには、

「問題意識か?」

と思いつき、

問題意識はどこからくるのか?
とたどっていく作業に入りました。

問題意識も自分自身から生まれますから
今までのシリーズで学んだことを取り入れるなら、

認識主体と認識対象でわけ、
認識主体と認識形式が出会って認識対象が生まれる、
その仕組みを観察するようになります。

そうすると考え一つも認識対象になり、
認識主体こそが考えの材料になります。

そして認識主体と認識形式の関係が
考えが生まれる仕組みになると理解できました。


考えの目的は何か。

全知全能である自分自身が尊厳を現実に実現し自らを知るためではないでしょうか。

全知を知り、無知の完全性、無意味の意味、無価値の価値、
全くの白紙すなわちそれが尊厳であることに気づき、
何によってもおかされない、比較0、決めつけ0の素材を使って、
尊厳の、尊厳による、尊厳のための組織づくりのために、
人間が考えを駆使するようになっているのだと思いました。

正解の有無でなく、考えるチャレンジをしてみました。
ありがとうございました。


――次回開催日――

6月25日(木)21時~22時30分

「意識をアップデートする」

https://reiwaphilosophy.com/

#令和哲学カフェ


*令和哲学カフェコミュニティーサイトが近日中にオープンします。そして、ブログ大会が始まります。募集テーマは『日本にとって、なぜ令和哲学が必要なのか』です。詳細はこちらです。
https://reiwaphilosophy.com/2020/1783/

プレゼントあるみたいなので、みなさん是非チャレンジされてくださいね!

令和哲学カフェー尊厳の美しさ シリーズ最終回

こんばんは。さわゆうです。

5月21日からスタートしたオンラインカフェ『令和哲学カフェ』も今回で20回目となりました。

私もこの令和哲学カフェのプロジェクトメンバーであり、
第2回目のシリーズ『哲学の美しさ』では、うっかり番組の中で行われる
コミュニケーショントレーニング『Widening Heart Technology(WHT)』の出演者として
哲学のド素人っぷりを発揮してみました。
また落ち着いたら私の出演した回の裏でどんなドラマが繰り広げられていたか
表現してみたいと思いますが、今回は割愛。

なぜならば、今日は第3回目のシリーズの最終日かつ、
ちょうど1か月が経ったということで、番組としても非常に記念すべき回だったのです。


『尊厳とは何か、なぜ今の時代に尊厳が必要なのか』


というテーマに一人ひとりが向き合う姿勢がまさに哲学であり、
尊厳への間口だと感じます。


”尊厳関係は尊厳感覚を得た者同士で成立する”


というのもこのシリーズの中で非常にインパクトあるセンテンスでしたが、
最終回では


”尊厳感覚を得ることは
決して順走行ではなく
逆走行で努力と意志が必要である”


ということが加えられ、”尊厳”とは何かの神髄に出会うことは
決して簡単なことではなく、それくらい本気で自分自身との出会いを果たす(ゴールに到達する)
ことを望まれる言葉だなと感じました。

尊厳感覚を75億全人類が獲得し
尊厳関係を土台にしたプラットフォームを創るノさんの意志と
実践を令和哲学カフェでしていこうとしていると明らかにする姿勢に
背筋がピンと伸びる感覚を得ました。

あるところ、これが尊厳感覚かもしれませんね。

私はノさんのお話しを聴きながら
日本の眠った知恵とプライドを目覚めさせることが
ノさんが日本にいて悟りを得たことの理由だと感じます。

あまりにのめりこんでいるように見えるかもしれませんが
あまりにのめりこんでしまうくらい
強烈なメッセージとロジックを日本にオープンしているのが
ノジェスさんの仕事であり一番希望されることなのだと思います。

今日は回の半ばで、令和哲学カフェの1か月のダイジェスト映像が公開されました。
撮影班が結集される背景にどんな決断とどんな動きがあったのか、
視聴者サイドには全く見えてこないかもしれませんが、今日は裏側の動きをよくよく感じさせて頂きました。

令和哲学カフェはノさんも、撮影班も、出演者も、視聴者もみんな
素晴らしい観点をプレゼントしあいながら未熟をチームプレイで補い合いながら成長しています。

たくさんのみなさんの忌憚なき声が
場の成長になります。

どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

リーダーno美学①-つながりの海をつくる-胎内記憶&nTech

f:id:YukoSawada:20200523183101j:plain

昨日は胎内記憶の日本での第一人者池川明先生とnTechのノ ジェス先生とナビゲーターの龍飛さん、撮影目黒さん、中田さん、宮崎さん、メイク💄瞳子さん、私は黒子(笑)で撮影が行われました。

人と人が出会い、何かが生まれるまでには
多様なプロセスがあります。

池川先生との出会いもそうでした。

精子卵子の出会いのように
プロセスをしっかり辿ることができれば
必ず、生まれる!

そんなことを感じます。

私のもってる写真はこれだけですが、
全国のノ先生ファン、池川先生ファンのみなさんが、何とも言えないタイミングで出会い、コラボして繋がりの海を作っていました。

f:id:YukoSawada:20200523183352j:plain


f:id:YukoSawada:20200523183552j:plain


f:id:YukoSawada:20200523183659j:plain


f:id:YukoSawada:20200523183756j:plain

同じ方向性を目指し、世の中に働きかけるメッセンジャーたちの連結によって、自然とチームプレイやネットワークが生まれ新しい時代が拓かれていくのだと思われます。

私がことあるごとに、nTech、ノ ジェスを発信するのは、日本の底上げ、お母さんや女性性の解放、人が安心して生きられる場をつくりたいからです。これは学生時代から変わらないテーマ。
必然的に女性のリーダーや、女性性に明るい芸術家の皆さんが親交が深くなる傾向にあります。

非常に地道ですがコロナで結ばれた強力な協力関係で、心と尊厳の土台づくりをしていきたいと思います。

明日は北海道リライズフェスティバルが13:00-16:00まであります。
チケットはオンライン用で1000円のです。
⬇️
https://t.livepocket.jp/e/1_use

今からでも大丈夫なので
是非ご参加ください⭐️

リーダーno美学⓪

今朝は新しく結成したチームで、
朝一の15分ディスカッションの場を設けた。
時間はメンバー一致の上で決めた。

・・・が、

定時になっても私ひとり...ぽつん。笑

しかしこれはなかなか良い時間だ。
メンバーが来る前に、
テーマについて思う。

テーマは

『美しさ』

....5分経過

一人メンバーが登場🎵
嬉しい🎵一気に笑いがこみ上げる🤣

『集まらないね』

彼女もまたいろんなプロジェクトのリーダー。
リーダーだからリーダーの気持ちや立場がわかる。

ちなみに、他のメンバーも同様に
いろんなプロジェクトでリーダーをしている。

つまりこのチームはそもそもが
リーダーたちの集まり。

リーダーだからこそ

『美しさ』

について、改めて向き合う
日常革命チームである。

ここまで描いてみてなんですが、
朝のやりとりのそのまんまを書いた方が
リアルで面白いはずだ・・・笑。

ただ・・・

あんまりストレートだと・・・
やや躊躇する。

というわけで、
このフェイスブック上で
日常をどのように切り取り
表現するかを少しばかり
切磋琢磨していきます。

そして

最近イベントシェアしかしてないことにも愕然。
まずはここから改善改革していこう。


しばらく模索を続けますが
どうぞよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。