Sawayu's blog

澤田祐子の日々の気づきや、DIGNITY MOVEMENT,JAPAN MISSION PROJECT、

2020に向けて!7月2日(日)カフェ朝活@代官山vol.7

7月2日(日)8時15分〜10時15分まで、
カフェ朝活@代官山をします。

今回は(今回で7回目です)若者男子と、

美し女子で司会進行をいたします🌟

2020に向けての動きをみんなで創っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします🌟


ご案内文はこちら🎵


☆カフェ朝活 at 代官山vol.7☆

Dignity Movement主催 
代官山のカフェで朝活を開催します! 

この朝活は、テーマについてみなさんが 自由にアウトプットできるような場です。 

日曜日の朝、ちょっと早起きして知的好奇心も刺激しながら
新しい出会いや気付きを楽しんでみませんか♪

さて、今回のテーマは

【若者たちで!共に創ろう!盛り上げよう!2020年東京オリンピック

2020年東京オリンピック開催まで残り約3年1ヶ月。

オリンピックの意義とは一体なんだろうか?

1964年の東京五輪は、高度経済成長・国民所得上昇の真っ只中にあった日本が、その勢いのままに、『戦後の貧困の終焉・先進国の仲間入り・五輪を開けるだけの経済力』を国際社会にアピールするチャンスでもあり、全てを失った敗戦から立ち上がってここまでの経済大国を築き上げた日本人の新たな国民アイデンティティ形成を促進した大イベントでした。

前回の東京五輪では、日本全体がこのオリンピックという一大イベントに向けて、関心も高く団結ができていたのではないかと思います。

しかし、今の日本は如何だろうか?

そもそも何の為に莫大なお金をかけてやるのか?
やる意味がわからない。。

2020年の東京オリンピックは、前回とは異なる意義や目的が必要であり、それによって関心や結集を創れるのかどうかが重要な鍵となるのではないでしょうか?

現在の日本の経済状況の停滞や国民意識の多様化、スポーツ観戦のスタイルを考えると『先進国ならではの魅力と味わい、メッセージ性のある大会』を志向せざるを得ないと思います。

日本中みんなが関心を寄せ、一緒に創っていくオリンピックにするには、どうしたらいいでしょう?

オリンピックの内容うんぬんの前に、世界を迎える日本の海自体をどう熱くさせれるか?
そのために、日本の若者が熱くなれるかどうか?

次回の朝活はこんなテーマで一緒に考えてみませんか?

【ディスカッションテーマ】

東京オリンピックになぜ若者は無関心なのか?

・フェスにはなぜあんなに多くの若者が集まるのだろうか?

・社会に対して諦めている若者たち。その原因とは?

・本当は爆発したい?!若者たちが今求めているものとは?!

・3年後、東京オリンピックで世界を変える日本の若者たち。

朝ごはんを食べながら、ぜひ一緒に話しましょう(^^)/ 

【日時】 
2017年7月2日(日)
8:00(受付) 
8:15(スタート)
10:15(終了予定) 

【場所】 
スプリングバレーブルワリー東京 
東京都渋谷区代官山町13-1 ログロード代官山内  
03-6416-4960 
http://springvalleybrewery.jp/tokyo/ 

【参加費】 
無料(各自飲食代 のみ) 

【主催】 
Dignity Movement 
※Dignity Movementは、2020年の東京オリンピックをきっかけに、 Dignity(尊厳)を土台にした新しい社会を日本から世界へ広げていこうというムーブメントです 。


2020に向けて

f:id:YukoSawada:20170630110112j:plain

若者も

f:id:YukoSawada:20170630110305j:plain

がんばります🌟


Vol.7の司会進行は真正面の大地くんと

右隣にいます真美ちゃんです🌟

f:id:YukoSawada:20170630110507j:plain