同居している義母にストレスを感じてしまう-Noh Jesuコラム

おはようございます。


今朝はNoh Jesuコラムから久しぶりにピックアップしました。


「同居している義母にストレスを感じてしまう」


このテーマは共感される方が多いのではないかなと思います。


母にとっては家の時空間が全て自分。

家の中にあるものは全て子どものような感覚にさえなりやすいですね。


自ずと義理の娘も同じようになるかもしれません。

今まで一緒に住んでいなかった分、お母さんにはお母さんのストレスや涙が多分にありそうです。


そんな母の涙を理解して、どれくらい0になって観ることが出来るかが同居するときに問われる決断かなと思います。


ただ、このことは義母だから起こるストレスとも言い切れず、実母と暮らしたとしても、質感違えど同じようなストレスがかかります。


なので、いずれにしてもある一定の成長を遂げたのちの同居というのは、あるところ精神的な更なる成長を余儀なくされるということかと思います。


nTechが悟りを応用活用する技術である意味価値は

こういった人間関係を収束させ、さらなるバージョンアップに移行する案内ですね。


是非ご一読くださいませ。

ありがとうございました^^



■■コラム 同居している義母にストレスを感じてしまう

同居している義母にストレスを感じてしまう
という30代の専業主婦の方から相談を受けました。

夫のお母さん(義母)とは、結婚前から
交流があって、とても気さくで
優しい人だと思っていたそうです。

なので、同居の話が出たときも
何の違和感もなく合意したそうなのですが、
いざ一緒に住んでみると、
家庭内の細々したことなど、何かにつけて
自分の主張を絶対に曲げないお母さんに
ストレスを感じるようになったとのこと。

自分の意見をお母さんに伝えてみても
全く聞き入れてくれないし、
それを夫に相談してみても
仕事が忙しいの一点張りで、
誰も自分のことを
わかってくれないと感じているそうです

以前の気さくで優しいお母さんとの
ギャップからくる不信感もあり、
ストレスは増すばかりで、
この先どうしていけばよいのか
わからなくなっているそうです。

では、
このように自分の主張を絶対に曲げず、
こちらの意見を全く聞き入れてくれない
相手に対して、どう接していけばよいのでしょうか?

それはまず、あなた自身が
お母さんの涙を理解することが大事です。

相手の涙とひとつになって、
相手の心になりきることができて、
はじめて相手を理解することができるし、
相手からも自分を理解してもらえるようになります。

気さくで優しいお母さんと、自分の
主張を絶対に曲げないお母さんの裏側には、
共通の涙が隠されているということです。

相手の涙とひとつになるということは、
相手の宇宙と自分の宇宙が繋がるという
意味でもあり、そのためには、まず、
自分と自分の宇宙が完璧に消えている必要があります。

相手の涙とひとつになれることは、
実は、日本の美学でもあり、
おもてなしの心でもあるのです。

その日本の精神や心と直結する
人づくりの教育技術が
nTech(認識技術)であり、nTechは、
信頼がどこまでも蓄積連鎖し、
持続的な進化をもたらす
全く新しい家族モデル、
集団モデル、組織モデルの創造に貢献する技術です。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。


▼Noh Jesu 1Dayセミナー

1996年、自分と自分の宇宙は実在しない!
という衝撃的な発見をしたNoh Jesu
人間そのものの可能性や日本の可能性、
そして誰にも傷つけることのできない
人間の尊厳性との出会いの価値を語ります。

⇒ http://www.nr-japan.co.jp/nohjesu/

▼Industry5.0セミナー

AIの先へ!インダストリー5.0時代を拓く
組織と人間のイノベーションを可能にする"nTech"。
全体像を学べる3日間セミナー+1年間のサポートプログラムです。

⇒ http://www.nr-japan.co.jp/industry/

▼Kanjutsu TV

多彩な動画コンテンツを続々配信中!
観術を理解し日常で活用するためのエッセンスがここに!

⇒ https://www.kanjutsu.tv/

▼書籍のご紹介
⇒ http://www.noh-jesu.com/book

▼(書籍)宇宙一美しい奇跡の数式 特設サイト
 ご好評につき重版決定!!
⇒ http://www.noh-jesu.com/kiseki-no-sushiki

スペシャルサイト
「無」を活用した人材がAI時代の先を牽引していくトップランナーになる!
⇒ http://special.nr-grp.net/

▼NR JAPAN株式会社
⇒ http://www.nr-japan.co.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までお読みいただきありがとうございました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Noh Jesu(ノ・ジェス)

オフィシャルサイト
⇒ http://www.noh-jesu.com/

オフィシャルブログ
⇒ http://blog.noh-jesu.com/

フェイスブック
お友達申請&フォロー大歓迎です!
⇒ https://www.facebook.com/noh.jesu

メルマガ登録フォーム(ぜひ多くの方にお知らせください)
⇒ https://f.msgs.jp/webapp/form/18946_sacb_3/index.do

お問合せやご意見・ご感想はこちら
⇒ info@nr-grp.net

バックナンバーはこちら
⇒ http://magazine.noh-jesu.com/

配信解除はこちら
⇒ https://f.msgs.jp/webapp/form/18946_sacb_5/index.do

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

俺に責任をなすりつけるなよ

体調不良克服と思って普段は入らない
地元の飲み屋さんのランチタイムにアジフライ定食を食べに伺いました。

なんというかホッとするなと席についたら

目の前で親子の問答。

あー...

父娘の対決のようなそうでないような。

娘は進路で迷っていて
父に決定打をもらいたい様子。

父は娘のその態度に呆れ果て

「お前はいつも俺に決めさせるだろう。自分で考えてみろよ。それでこちらが決めたら俺のせいにするだろう。責任を俺になすりつけるなよ!」

決して強い物言いではなかったけれど
娘は堪えている。

母も代弁するかのように
「この娘も自分のやりたいことを伝えようとしてるんですよ。ねぇ。」

と娘と顔を合わせながらいる。

「いつもそうだろう。これをやりたいと思ってるって。それでやっていた試しがあるか?実行した様子を見たことがないぞ。話にならないじゃないか。

それで、終いに俺が話を聞いてくれなかったっていうようにまた俺のせいにするのか?

ここは北朝鮮じゃないぞ。自分でしっかり考えてみなさい。それから話そう。」

父ははっきり、諭すように言われる。

どっちの言い分も理解できる。


娘が父親を嫌いと表現する所以を垣間見たような気がします。

それぞれの考えばかりでなく
消化し切らない感情もしっかり伝えられる
訓練が必要だと切に感じる場面でした。

アジフライ定食は美味しかったです。
ありがとうございました。

御馳走さまでした。

女性の目覚めと新しい生き方 vol.1

Feminine & Dignity Re・rise協会設立準備委員会発足第一弾のイベントは無事に終得ることができました。


それも一週間前の話ですから、

もう大分情報が旧いですね。


1月21日に立ち上げ準備をすることを決めて、わずか2週間足らず。


それにしてはいいスタートを切れたと思います。



フェミニズムの歴史と今ここの私たちとの繋がりを見ることなしに、女性性の時代はやってこない。 


f:id:YukoSawada:20190210143524j:plain


フェミニズム…そこには女性たちが権利を獲得する為に血を流し、流れた涙を拭うことすらできないほどの歴史が刻まれている。


今では当たり前に与えられている権利を獲得するために。。。フェミニズムの歴史は血まみれの歴史だった。


私たちはその上に立っていることをしっかりと見なければ、真の女性性の時代を築くことはできない。


女性性の時代、融合の時代、水瓶座の時代、、、などと言われている。


では…いつどこで誰が、その時代を作るのか?


動物か?

植物か?

鉱物か?


それとも何もせずにフワフワと作られていくのか?


そんなことはないでしょう。


この宇宙での変数は「人間」。

人間が時代を、地球を、宇宙を変えていく


女性性の時代は誰かによって切り開かれるもの


では今ここの私たちからそれをやるだけのこと。


楽しく

ワクワクしながら

キラキラと輝きながら


f:id:YukoSawada:20190210143611j:plain


私たち女性はそれができる強烈な存在なのだから。


急遽の開催にも関わらず、

お集まりくださった方々 ありがとうございます。そして賛同、嬉しいです。


さあ、自由へ!


「自らが理由となり、自らが在る!」


それが合言葉です!


次回は2月14日 19時〜21時

2月17日 14時〜16時

場所は渋谷区文化総合センター大和田


f:id:YukoSawada:20190210143430j:plain


となります。


皆さんとお会いするのを楽しみにしています。



お読みくださってありがとうございます。



2/3 【女医 長岡美妃と語る女性性の目覚めと新しい生き方】

とても急ですが、節分の日に

Feminine & Dignity Re・rise協会設立準備第一弾として、細やかに、それでいて大胆なイベントをします。


立春を前に心と向き合うには

とても良い場だと思いますので

是非お立ち寄りください✨





🎉✨Feminine & Dignity Re.rise協会立ち上げイベント第一弾!✨🎉


~女医 長岡美妃と語る

              女性性の目覚めと新しい生き方~


2019年は新しい未来を生み出す新プレートづくりの年です。


この度、異質な次元の女性3人で、女性の涙と人類の涙を癒し、女性たち一人ひとりが"Dignity(尊厳、威厳、気品)"と繋がった、本来の女性性を開花させることが出来るように、準備委員会を発足いたしました。



女性には、無意識深いところに閉ざされた女性特有の涙があります。


特にセクシャルな課題や女性性に関する問題意識については、なかなか人と共有しづらいことがあり、女性そのものが、本来の価値に気づかないままに、


【女性性開花前】

🔵自分には自信がない、魅力がない

🔵自分には存在価値がない

🔵何か悶々と、不平不満、怒りがあるが上手く表現出来ず苦しい

🔵人の目が気になりチャレンジが出来ない

🔵主体性がなく、依存心が強い


というように、無意識に自分自身を小さくしてしまうことが多くあります。


だからこそ、宇宙のロゴスを理解し、"存在とは何か""人間とは何か""女性性男性性とは何か"を理解した上で、皆さん自身の中にある魅力を無限大開花させる必要があります


【女性性開花後🌸

🔴自らについて語るようになる

🔴自分自身が真理そのものであることに気づく

🔴晴れやかに、堂々となる

🔴赤裸々に生き切るようになる

🔴自らを自由に演出できるようになる

🔴女性としての機能、魅力が溢れるようになる



そこで❗️発足第一弾として、


女性性を開花し、無限大の魅力を発揮したい❗️💕


そんなあなたにとっておきのイベントを企画しました


テーマは 


"女性性の目覚めと新しい生き方💕"



ファシリテーターは共同代表であり、

女医である長岡美妃です。



23日は節分ですね。立春を迎える前に

しっかりと皆さんの内なる女性性を開花する準備が調えられたら嬉しいです💕


急ではありますが、女性であり女性性を高めていきたい皆さんとお会い出来るのを心より楽しみにしています。



代表        澤田祐子

共同代表 長岡美妃

共同代表 大藤おりえ

././././././././././././././././././././././././././././././././.


テーマ:女性性の目覚めと新しい生き方

ファシリテーター:長岡美妃

プロフィール

長岡 美妃 (ながおか みき)

消化器外科医、緩和ケア医、自然療法医

東京女子医科大学卒業。同大学消化器病センター外科にてがん治療に従事。国立国際医療センター国立がんセンターにて緩和医療科に従事。

北海道洞爺協会病院、福岡秋本病院にて緩和医療ケアセンター長を歴任。

現在は、新板橋クリニック、医道五十三次クリニック検診センターにて未来医療に取り組む。医療に携わりながら、追求の末にたどり着いた病の根本原因、そしてその解決策を以って、世界を立て直すべく、JAPAN MISSIONに奔走する革命家医師。二児の母である。

著者『「真」の医療者を目指して』

https://youtu.be/_QxmZkRzQSw





長岡美妃

************


❇️日時:23日(日) 19-2130分(開場1845分)


❇️場所:渋谷区文化総合センター大和田  学習室1

      150-0031東京都渋谷区桜丘町23-21

       渋谷駅西口側より徒歩5

       https://www.shibu-cul.jp/access


❇️参加費:2000


❇️対象 すべての女性


・本当の自分を知りたい!

・自分の可能性を無限まで広げたい!

・自信を持って生きていきたい!

・相手の能力を引き出してあげたい!

・女性を楽しんで生きていきたい!

・この日本、この地球を愛と平和へと変革したい方


❇️お申し込み:femidignin.re.rise@gmail.com

お名前、電話番号


主催:Feminine & Dignity Rerise協会設立準備委員会

チームプレイか...

新しい協会づくりは、右も左もわからないところから。


意志はあるも、

行動がままならず

計画がままならず。


それでもやると決めたからと

猪突猛進するなら

華麗なる事故を起こすだろう。


わからないことをわかったように振る舞うのだけは無しにしたい。


わからないことは

わかる人に聞けばいい。


ただ、聞く人を間違えないようにしよう。


時に自分に痛いことには耳にも痛い

痛みを感じる言葉よりも

甘い言葉をとりたくなるもの


厳しさの中に垣間見る

愛を認識できるようであろう。



できないことは

できる人にお願いしよう。


できないのに関わらず

あたかも出来るように振る舞うのはやめよう。


私がやるのが嫌だからお願いするのだったら

それはお願いされた方もほどほど嫌になる。


できること、できないこと

自分の器を確認することが必要だ。


その上でのお願いなら

人は喜んで引き受けてくれるだろう。


この身体一個が自分だと思うなら

無理難題の宝庫になりそうだけれど


全て自分だと思えるなら

全てをおかさず傷つけず

生かし生かし合うアイデアを出し合って

協力共生できるようになるだろう。


理想を具現化するのは

簡単ではないけれど


簡単でないからこそ

やりがいがある。


生きる選択はチームプレイするかしないかの

選択の道づくりのように感じた。


誤字脱字、勢いのって書けば

こんにちは。

相変わらずうっかりの日々ですが、

しっかり晴れて来たお昼時に

改めまして今朝書きなぐった投稿を見直して 


ステキなくらいの誤字脱字。


いつもならなかったことのように

直そうとするんですが

うっかり誤字脱字も面白いものだなと思ったりもしました。


とは言え、これを不特定多数の方が

読むなんていうことがあるなら


自分の勝手気ままなそれでは不味いわけで

あとで、ちょっと書き直そう...かなと思います。


そう言えば、私が存じてる作家さんは

未だ鉛筆と原稿用紙で原稿を書くとおっしゃいます。


文字一つにエネルギーがのるし

何度も何度も読み返し

リズムをとっていくと。


そういう意味では、私のこの気まぐれ日記のようなブログのようなメモのようなこれは、


なんというか、素振りか、準備体操か、

練習曲か、いやハノンかバイエルか、

といった感じかもしれません。


素人からアマチュア

マチュアからプロへ


なんでもそうですが

準備なきところに完成品はないですね。


というわけで、

これも自分の戯言として残しておきたいと思います。


ありがとうございました。

急に寒くなったから

おはようございます。


ここ3日間くらいでしょうか。

また急に寒くなりましたね。


そういったこともあって、どんどん姿勢が猫のように丸くなっていくのを危機と感じて、

先日、友達の紹介で整骨院にいってきました。


大分悪いことはわかったいたのですが、

本当に悪いことを認識しまいたね。


片足でバランスを取るのが難しく、

骨盤が左に傾いている状態。

首の位置も前に出ていて

手を伸ばして頭を持っているくらいの

テンションがかかっていると。


なんというアンバランス。


それは自律神経がおかしくなって当たり前だtというような感じでしたね。


そして、背術に入って

背中を押された瞬間


溜まっていた気と涙が

出てくるわ 出てくるわ


骨格調整と鍼までしていただいて


そうしたら、

なんていうんですか


身長が幾分伸びました。(笑)

目が幾分大きくなりました。(笑)


あとはなによりも


これはどうにも言い難く

難しかった人間関係に

自然にアクセスできるようになりました。


腕のいい整体師は、身体に触れなくとも

クライアントの心身の状態がわかると言いますが、昨日は見事なほどに的確なアプローチをしていただいて、非常に快感を覚えました。


というわけで、心と身体。

分けてみるのではなくて

全て繋がっている分けられないところから

一貫したケアしていきましょう。


今日も1日がんばるぞ🎵


お読みいただいてありがとうございました。